ショップページはダミーです

Webサイトに決済機能を持たせる実験として、ショップページを設定してあります。セミナー、テキスト等、お買い求めいただいても現在のところ商品・サービス等は一切提供できません。また返金もできかねますので、くれぐれも購入手続き等されませんよう、ご注意ください。

このサイト自体が準備サイトです。事業内容、設立趣意書、組織、ブログ、お問い合わせ等のページは機能しておりますが、サロンおよびショップのページはダミーですのでご理解のほどお願い申し上げます。

代表電話番号が決まりました

これまでお問い合わせ等の連絡は、メールのみにて承っておりましたが、この度事務所機能の整備により、お電話によるご連絡にも対応できるようになりました。

03-6277-4322(代)

CSJ「日本を考える市民の会」に関する各種お問い合わせ、福家、川嵜、杉江の各理事へのお電話は、こちらの窓口ですべて承っておりますので、お気軽にご連絡ください下さいませ。

それではお電話お待ちしております。

CSJの基本情報を追加しました

日々の事業活動に追われ、なかなか本格的な公式サイトへの移行も進んでいませんが、メニューに「組織」の項目を追加しました。描いている組織図と、発起人の氏名を掲載しました。

また「事業内容」の項目に、定款に基づいた事業内容6つを掲載いたしました。これにより、皆様のCSJ「日本を考える市民の会」へのご理解が深まりますよう、具体的な記載とさせて頂きました。

代表理事の福家明子の手によります「CSJ公式サイト」がアップロードされるまで、不肖私がこのブログにて、随時CSJ「日本を考える市民の会」の活動状況を報告させていただきます。

公式サイトの公開も大幅に遅れ、組織化の手続きも先延ばしになるなか、具体的な事業は着実に進んでおりますので、ぜひご期待の上、暖かいご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

10月になりました。現状報告です。

遅々としてWebサイトの公開が遅れている〝CSJ日本を考える市民の会〟ですが事業の方は着々と進んでおります。今月後半には足助「塩の道会議」の追加取材、そして南阿蘇の現地コーディネーションに入ります。

今月に入りまして、新たにCSJねーしょんず(仮称)という政治家育成塾のサロンが誕生する予定となりました。まだ企画の段階ですが、大阪を中心に動いております。受講生募集など、サイトができましたら順次ご案内する予定です。

これもまたサイトは準備中で、現在は仮サイトを置いていますが、公開されたら、https://salon.citizenssolidarity.com

にて運営していきたいと思っていますので、ご期待ください。組織の法人化はまだしばらくかかりそうですが、代表電話番号は12日頃から使えるようになる予定です。

以上、10月10日段階でのご報告でした。

2018年9月の進捗状況レポート(CSJ設立準備会)

4月のご報告から、はや半年。ご無沙汰してしまっていて大変申し訳ありません。CSJ日本を考える市民の会は、4月法人化の予定でしたが、法人化は後回しにすることにして、事業活動を優先しております。

まもなくこの準備サイトが更新され、CSJの公式サイトが公開されれば、事業活動の詳細が明らかになると思いますが、とりあえず進行中のプロジェクトを簡単にご報告させていただきます。

主なものの一つは、愛知県豊田市足助の「塩の道」会議プロジェクトです。日本に現存するただ一人の伝統的塩のブレンダーである莨屋さんを中心に、知られざる塩の歴史から「日本人と塩」のドラマチックなストーリーが展開されます。塩の流通を見つめることを通して、日本中の塩に関わる地域が、世界へつながる塩の道へと着実に発展するきっかけをCSJは企画しています。

熊本県の南阿蘇村の復興プロジェクトについても、他の活動団体との連携をとりながら、日本の農業をCSJは重要課題として取り組んでいきます。

CSJ日本を考える市民の会として、最初のシンポジウムは、明治150年をきっかけにして、近代の日本はそもそも・・・といった根本的なところから見直し、ポスト平成のビジョンを明らかにしていく、ビッグな対談を準備中です。

これに関連して、未来の市民リーダー、未来の政治家を生み出していくための、政治家育成セミナーもCSJの主催で開催する準備が進んでいます。

そして世界に向けた最新情報の発信基地として、また世界平和の象徴の町として、沖縄を新たにCSJは位置づけ、未来を考える大規模なイベントも開催される予定です。

まだまだありますが、これらの具体的な事業プランを実行に移す作業を、現在のCSJは優先していて、そのため法人化等の作業が後回しになることを、どうぞご理解賜りたいと思います。

設立趣意書に書かれた理念は、少しも揺るぐことはなく、着実に実現に向かって歩みを進めています。リーダーであり筆頭役員の福家明子を中心に、川嵜明彦、杉江義浩らがコアメンバーとなって、チームやプロジェクトを牽引しております。福家明子が多忙なため、組織化の作業は遅れておりますが、CSJのプロジェクトは着実に前進しております。

CSJの公式サイトは今月中を目処に、公開される予定ですが、それまではブログで皆様に進捗状況をお知らせして参ります。何とぞご支援ご協力のほど、お願い申し上げます。

 

 

4月になりました!現状報告です

1月のブログから、ご無沙汰していました。

CSJ(日本を考える市民の会)は、4月1日を目処に法人登記する予定で頑張ってきましたが、まだ手続きに手間取っております。でも4月中にはスタートを切るべく、代表理事就任予定の福家明子が、奮闘努力しています。

また、この準備サイトも、4月中に本番の公式サイトへ変身を遂げます。本番の公式サイトのデザインは一流のデザイナーが手がけ、9割以上コンテンツが完成しております。みなさまへのお披露目を前に、今デザイナーのローカル端末内で出番を待っている状態です。

CSJがスタートしたら、具体的にどんな事業を行うのか、今は設立趣意書に書いてある以上のことは申し上げられませんが、福家明子の豊富な経験とネットワークを生かして、地域に密着した新しい企画が着々と準備されています。

4月になりましたので、少しだけお話ししておきましょう。

例を挙げると、一つは南阿蘇村プロジェクトです。CSJが地域を変えることによって、日本を変えるという、その趣旨がよく表れています。

また地域の市民リーダーを育てるセミナーも、CSJ独自のカリキュラムに沿って、開催する準備が進んでいます。

何よりもCSJが考える日本の未来像が、一番良くわかるのは、8月開催を目処に企画を進めている、画期的なイベントです。

この国を動かす与野党の次世代リーダーたちと、フレッシュな感性の著名ジャーナリストが、明治維新にまでさかのぼってこの国のあり方を問い、みなさまと共に未来を考えます。まさに日本を考える市民の会、という名にふさわしい場所の創造となるでしょう。

このサイトも、市民情報局へと生まれ変わり、多様なものの見方と正確な情報を元に、地域と地域を結ぶネットワークの基地として、新しい価値を生み出します。

CSJはみなさまと共に成長し、日本の未来を切り開いていきます。設立まで、今しばらくお時間をいただきたく存じます。そしてスタートを切ったら、全力で突き進んでいきますので、よろしくお力添えのほどをお願い申し上げます。

準備の段階が大切

まだ事務所の場所も決まっておらず、設立登記の手続きの段階ですが、すでにCSJ「日本を考える市民の会」の発起人メンバーは、着々とプロジェクトの企画を進めています。

事務所は1月の29日に正式に決まります。この公式サイトも、その頃までには皆さんにお披露目できるサイトへと、デザインの開発が進行中です。

法人登記されるのは4月になろうかと思いますが、実務はそれよりずっと早く進めなければなりません。準備をできる限り整えておきたいです。

設立準備会サイト作成に着手

一般社団法人CSJ「日本を考える市民の会」が、今月4月1日を目処に正式に法人登記されることを目指し、設立準備会が発足する運びとなりました。

それに先駆けて、公式サイトを準備段階から公開し、プロジェクトの進捗状況や実施予定の事業内容をお知らせしていきます。

このサイトは本日1月14日の段階では、まだデザインにも全く着手しておらず、住所も電話番号もない準備中の状態です。お見苦しいとは思いますが、2月からはデザインも一新し、住所と電話番号の入った設立準備会公式サイトにいたしますので、今しばらくお待ち下さい。